Mission・Vision・Value

当社が企業活動を行うにあたり、根幹としている考えを紹介します。

Mission
【顧客に対するMission】

病気や怪我で苦しんでいる患者さんに、
安心で安全な医薬品を、リーズナブルな価格で、
タイムリーに安定供給すること。

【社員に対するMission】
  1. 安心・安定した生活の源泉(給料・賞与)を支払うこと。
  2. 社員一人ひとりの自己実現(自己成長)を支援すること。
  3. 安心・安全な職場環境・労働環境を提供すること。
Vision2017‐2019
  • 外用剤開発と製造のファーストチョイス企業となる。
  • 魅せる企業・魅せる工場となる。
  • 予防・アフターケア分野のスキンケアブランドを複数確立する。
  • アジアを中心に医薬品及び化粧品のグローバル展開を開始する。
Value
  • 既成概念にとらわれず、「これ欲しかった!」をつくります。
  • マストプロダクトとは一線を画した、価値の高い製品をお届けします。
  • 未来進行形で、ものづくりとひとづくりに真摯に取り組みます。
  • 持ち前の機動力と柔軟性で、富山から国内外の市場へ挑戦し続けます。

前田ってどういう会社?

皆様の皮膚のお悩みを「塗る」「貼る」技術を使い解決する会社です。

前田薬品工業の歩み

前田薬品工業の創立は1966年。半世紀以上の歴史があります。
パップ剤の製造から始まり、軟膏剤等の外用剤を中心に研究開発及び自社製造を手がけてきました。ジェネリック医薬品とOTC医薬品の研究開発、そして外用剤分野のあらゆる剤型の自社製造を、少量・多品種で対応できるのが強みです。

また、長年にわたり、多くの国内大手製薬会社の受託製造(OEM)を手がけ、お客様の高いご要望とご要求にお応えし、厳しい品質管理並びに品質保証体制を社内に築きました。

2018年にはステロイド外用剤専用棟の稼働により、ステロイド/非ステロイド製造の完全分離が実現します。さらに、完全防爆対応(消防法対応)の高アルコール濃度製品を生産できる外用液剤工場があり、お客様と諸外国当局のより高度な品質及び安全レベルの要求にお応えします。

これからの前田薬品工業~変革と開拓の第二創業チャレンジ~

超少子高齢化、二極化、大消費時代の終焉、IoTとAIに代表されるインダストリー4.0の時代の幕開け。このような日本と世界の市場で企業活動を永続的に進めるため、前田薬品工業は“第二創業”とも言える数々のチャレンジの種を撒いております。
その種の一部を下記にご紹介します。

  1. 塗る・貼る医薬品の研究開発と製造ノウハウを活用した、スキンケア製品やサービスなどの新規開発と製造
  2. 中国、台湾、東南アジアを中心とした、既存製品と新規製品の海外マーケット投入開拓
  3. 美容とヘルスケアをテーマとした長期滞在型リゾートの開発と運営
  4. アレルギーソリューション事業の展開

前田のサービスって?

前田薬品の製造

創立以降50年、ジェネリック医薬品及びOTC医薬品の研究開発、製造を手掛けてきました。
軟膏剤、クリーム剤、ゲル剤、ローション剤、液剤、そして、テープ剤。
外用剤における様々な “モノづくり”を得意としています。

日々何千、何万もの医薬品を製造し、皆様にお使い頂いています。
私たちにおいては、何万本のうちの1本かもしれません。
しかし、使用される方にとっては、1本中の1本であること。
お使い頂くお客様にとってその1本を安心して使って頂けるよう、有効性、安全性はもちろんのこと、品質そして使用感においても、一定の高い品質の製品をお届けするよう日々の製造に取り組んでいます。

前田薬品の開発

皆様の“あったらいいな”という製品を実現するためには、様々なハードルがあります。
常に一定の品質であること、お客様の期待を上回る付加価値があること、コスト、スピード、そして、使用感。
これらの調和をとり、本当に必要とされる製品を皆様にお届けする使命が我々にはあります。

医薬品は、病気に罹ってから使うもの。
この当たり前の常識を皆様と一緒に考え直す時代が来たと思っています。
疾病になってから使う医薬品だけでなく、疾病にならないよう予防する、そして、治療後のアフターケアにも訴求できる製品を一日でも早く皆様にお届けしたいのです。

お客様の“あったらいいな”の声をお聞かせ下さい。
“あってよかった”と言って頂ける製品を世の中に出すお手伝いをさせて下さい。

前田の働き方

女性が働きやすい環境

2014年、2017年に次世代育成支援対策推進法第13条に基づく認定【くるみんマーク】を取得いたしました。
【くるみんマーク】とは、子育てサポート企業として厚生労働大臣の認定を受けた証です。

健康経営

前田薬品では、従業員の健康管理・健康づくりを推進する為に2016年6月に富山県の製薬会社でいち早く【健康企業宣言】を行いました。
【健康企業宣言】とは従業員の健康作りに取り組む企業が宣言を行い、認定されることで名乗ることができる制度です。
過重労働対策やメンタルヘルス対策を積極的におこなっております。

(左 前田大介社長 右 協会けんぽ 富山支部長 松井泰治様)

数字で見る前田薬品

  • 30
  • 50
  • 25

30億

50期(2016年)の売上高が24億を数えて以降、毎年増収を続け、51期は27億、52期は29億を記録。53期は30億円を突破します。

50年

日本の企業は創業後10年で94%、30年では99.8%が倒産・解散すると言われる中で、多くのお客様に支えられ、当社は創立して50年を超えています。

25%

女性が活躍できる企業でありたいとの思いから、女性の登用を積極的に進めており、2018年3月現在、女性管理職の比率が25%を占めています。