衛生管理体制

環境リスクマネジメント委員会

環境リスクマネジメント委員会を設置し、外部専門業者の指導のもと、工場内の防虫防鼠及び環境モニタリング(精製水管理、浮遊菌管理)の活動を推進しています。
委員会では、毎月、モニタリング結果の共有を行い、必要に応じて改善対策を協議・実施し、その効果検証までを行います。また、モニタリング結果の傾向を掴み、常に異常を捉えるためアラートレベル及びアクションレベルの見直しも行います。
毎月のモニタリングの他、工場内インスペクション、毛髪チェックを定期的に行い、日々製造環境の向上に努めています。
また、外部専門業者による全体教育を年に1回実施し、衛生管理の重要性について全社員へ啓蒙活動しています。